ホーム > 日本関係, 観光・イベント > マレーシア航空、コタキナバル—成田直行便を再開

マレーシア航空、コタキナバル—成田直行便を再開

2013年11月04日 12:48 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア航空(MAS)は、運休中だったコタキナバル—成田直行便を10月28より再開した。

月・木・土曜日の週3便の運航で、機材はボーイングB737-800型機を使用する。座席はビジネスクラスが16席、エコノミークラスが144席。スケジュールはコタキナバル発が7時25分で成田着が14時00分、成田発が14時55分でコタキナバル着が20時05分となっている。

成田線再開に伴い、週2便運航していたコタキナバル—関西空港線は10月24日から運休となった。

関連カテゴリ: 日本関係, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。