ホーム > 文化・芸能, 日本関係, 統計・調査 > 英語能力調査、マレーシアが初めてアジア首位

英語能力調査、マレーシアが初めてアジア首位

2013年11月13日 16:41 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 世界各地で教育事業を展開するEFエデュケーション・ファーストが先ごろ発表した英語を母国語としない44カ国・地域の英語能力指数調査結果で、マレーシアはアジアでトップ、全体で11位にランクされた。5段階評価では、上から2つ目の「高い」に分類された。

マレーシアは58.99ポイントで、前年より1.04アップ。初めてシンガポール(世界12位)を抜いてアジアトップとなった。アジアの3位以下は▽インド(世界21位)▽香港(同22位)▽韓国(同24位)▽インドネシア(同25位)▽日本(同26位)▽ベトナム(同28位)——となった。インドからベトナムまでは5段階評価で「普通」に分類された。

世界トップはスウェーデンで、以下、▽ノルウェー▽オランダ▽エストニア▽デンマーク——の順となった。

関連カテゴリ: 文化・芸能, 日本関係, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。