ホーム > 社会・生活, 経済, 日本関係 > 日立製作所、eBワークス買収を提案

日立製作所、eBワークス買収を提案

2012年03月06日 12:56 JST配信

【ペタリンジャヤ】 日立製作所は金融ソリューション業者のeB(イービー)ワークスに対し完全買収を提案した。1株90セン、総額1億8,420万リンギで買収する。
eBワークスがブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)に届け出たところによると、発行済み株式の85%の確保を条件に日立はeBワークスを買い取る。日立は4月に、eBワークス株主に買い取り提案書を送付する。
eBワークスは、信用管理、現金管理、インターネットバンキング、貿易金融に関するソリューションの提供業者で、マルチメディア・スーパー・コリドー(MSC)ステータスを持っている。
昨年度は860万リンギの純利益を計上していた。大株主はCSEインフォテック、OSKキャピタル・パートナーズ、タン・スアンフォン最高経営責任者(CEO)。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、3月3日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。