ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能 > 有料テレビのアストロ、インド映画の「アラー」をカット?

有料テレビのアストロ、インド映画の「アラー」をカット?

2014年01月20日 13:31 JST配信

【クアラルンプール】 非イスラム教徒による神を意味する「アラー」の語の使用について議論が紛糾しているが、有料テレビのアストロ・マレーシア・ホールディングスのインド系娯楽チャンネル「ジー・ヴァリアシ」で放送されたインド映画の中で、「アラー」の語が編集され、カットされていたもようだ。英字紙「マレー・メイル」が伝えた。

ボリウッド映画「Pukar」の中で流れた歌の歌詞には神を意味するアラビア語の単語「アラー」が複数回出てくるが、全て消音されていたという。

視聴者によると、アストロは問い合わせに対して返答を保留している。アストロはこれまでにも、ローマ法皇に関する番組に、イスラム教徒以外の宗教観をあらわすものであると注釈を加えたことから、カトリック教徒などから批判の声が出たことがある。

アストロのテレビサービスの加入者数は300万人を超えており、マレーシアのテレビ視聴世帯の52%がストロに加入している。

(マレー・メイル、1月17日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。