ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > 子供のニセ泣き声で騙す、バーチャル誘拐団が出没

子供のニセ泣き声で騙す、バーチャル誘拐団が出没

2012年03月07日 12:18 JST配信

【ペタリンジャヤ】 子供を誘拐したとみせかけて両親から身代金を奪う新たな手口のシンジケートが、セランゴール州で出没している。
子供が泣き叫んでいるニセの音声を聞かせることで両親を騙し、金を指定の銀行口座などに振り込ませる手口。しかし金を振り込んでも犯人からは何の音沙汰もなく、両親が学校に確認して子供が無事でいることを知り、ようやく騙されたことに気付く。両親は子供の泣き声を聞かされて動転し、本当に自分の子供の声かどうかも確認することなく言いなりになって金を払ってしまうのだという。
セランゴール州セルダンではこうしたニセの誘拐事件がこれまでに4件起きており、被害額は5万7千リンギに上っている。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、3月2日

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。