ホーム > 政治・外交, 観光・イベント > パンダ2頭、4月中旬にもマレーシアに到着

パンダ2頭、4月中旬にもマレーシアに到着

2014年02月03日 09:12 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシアにレンタルされるジャイアント・パンダ2頭は4月中旬にも中国から到着する見通しだ。パンダ舎の視察に訪れたG.パラニベル天然資源環境相が明らかにした。

2,500万リンギをかけたパンダ舎の建設は、国立動物園ズー・ネガラで進められており、完成間近となっている。広さは1.6へクタールで、室内の温度は摂氏24度以下に保たれ、パンダの出生地と同じような環境作りが行われている。

パンダのレンタルは、2014年の馬・中国交樹立40周年の記念として両国間で合意したもの。マレーシアに来るのはメスの「フェンイー(鳳儀)」とオスの「フーワ(福娃)」で、レンタル期間は10年。

今年はマレーシア観光年「ビジット・マレーシア・イヤー2014(VMY2014)」となっており観光客の増加が見込まれているが、パンダを見るために観光客がさらに増えることが予想されている。

(ザ・サン、ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、1月28日、ベルナマ通信、1月27日)

関連カテゴリ: 政治・外交, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。