ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 政治・外交 > ペナン市での苦情件数、3年間で2万5千件

ペナン市での苦情件数、3年間で2万5千件

2012年03月08日 12:14 JST配信

【ペナン】 ペナン市役所によると、過去3年間に寄せられた市民の苦情は合計2万5,762件で、環境衛生に関するものが8,001件で最も多く、インフラに関するものが6,798件で2番目に多かった。
環境衛生に関する苦情の主なものは▽ゴミ▽排水溝の詰まり▽不潔な公共トイレ——などで、インフラに関する苦情では▽街路灯の破損▽道路の陥没▽駐車スペース不足——などが多かった。
3番目得に多かったのは▽違法看板▽駐車違反▽野犬、野良猫、カラスの害——といった法律の執行に関する苦情で、合計6,586件に上った。4、5位は、建設・開発(3,357件)、水害(124件)。
苦情件数を年別でみると、2009年が7,704件、2010年が8,215件、2011年が9,843件となっており、年々増加傾向にある。

光明日報、3月4日

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。