ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 観光・イベント > 1万1千年前の人骨、レンゴン考古学ギャラリーで公開

1万1千年前の人骨、レンゴン考古学ギャラリーで公開

2014年02月19日 16:40 JST配信

【レンゴン】 ペラ州レンゴンで発見された「ペラ・マン」の通称で知られる先史時代の人骨が同州に里帰りし、15日より「レンゴン考古学ギャラリー」で一般公開が開始された。

「ペラ・マン」は1万1千年前の男性の人骨で、1991年にマレーシア科学大学(USM)のチームがグア・グヌン・ルントゥで発見した。骨格はほぼ完全で、身長は157センチ、年齢は50歳代とみられる。

2010年からクアラルンプール(KL)の国立博物館で展示されていたが、2012年にレンゴン・バレーがユネスコの世界文化遺産に指定されたことから、地元に戻して展示することが決まっていた。

(ザ・スター、星洲日報、南洋商報、2月15日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。