ホーム > 観光・イベント > KLで観光馬車サービス、3月15日より運行開始

KLで観光馬車サービス、3月15日より運行開始

2014年02月24日 13:41 JST配信

【クアラルンプール】 クアラルンプール(KL)中心部で3月15日から、マスジット・ジャメやスルタン・アブドル・サマド・ビル、ムルデカ広場など12の観光ポイントを巡る馬車運行サービス「KLホース&キャリッジ・ライド」が開始される。

1800年代の英国植民地時代に走っていた馬車をイメージしたもので、KLシティ・ギャラリーを出発し、約2キロメートルのルートを約20分かけて走る。当初は3台の馬車を配備し、午前10時—午前11時半、午後3時—4時半に運行する。

運賃は1人50リンギで、貸し切りの場合は200リンギとなる。チケットはKLシティ・ギャラリーで販売する。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、中国報、2月14日、ベルナマ通信、2月13日)

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。