ホーム > 社会・生活, 経済, 観光・イベント > 「フェスティバルシティー」、マラッカにも建設へ

「フェスティバルシティー」、マラッカにも建設へ

2012年03月10日 12:41 JST配信

【クアラルンプール】 ショッピングモールの「クアラルンプール・フェスティバル・シティー」を運営するライオン・グループのフェスティバル・シティー社は、3年後をめどにマラッカにもショッピングモールを開設する計画だ。
クアラルンプール店の開設は昨年10月で、9日に開業式を催す。上級ゼネラルマネジャーのグイ・チェンホック氏によれば、初年度のテナントの販売収入は計3億−4億リンギを見込んでいる。
店舗はジャラン・ゲンティン・クランにあり、売り場面積は50万平方フィート(約4万6,540平方メートル)。系列のパークソン・デパートおよびMBOシネマ、スーパーマーケットの「エコンセーブ」、カラオケ店、電気店、飲食店などが入居している。
来場者数は月40万—50万人。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、3月9日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。