ホーム > 経済, 政治・外交, 観光・イベント > 2013年の観光収入、目標上回る650億リンギ=観光相

2013年の観光収入、目標上回る650億リンギ=観光相

2014年03月03日 13:38 JST配信

【クアラルンプール】ナズリ・アジズ観光相は、2013年の外国人観光客からの観光収入が654億4,000万リンギとなったことを明らかにした。目標だった650億リンギを超えた。昨年は625億リンギだった。

昨年マレーシアを訪れた外国人観光客の数は前年比2.7%増の2,571万5,460人となった。最も多かったのがシンガポールで1,317万8,774人で前年比で1.3%増えた。それに▽インドネシア(254万8,021人)▽中国(179万1,423人)▽ブルネイ(123万8,871人)▽タイ(115万6,452人)--となった。日本は9位で51万3,076人となり前年比で9.2%増加した。

政府は2014年を「ビジット・マレーシア2014」(2014マレーシア観光年)の推進キャンペーンを行っており、2014年においては外国人観光客数2,800万人の目標を掲げている。2020年までには、観光客を3,600万人誘致し、観光収入を1,680億リンギとする目標だ。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、2月28日、マレーシア政府観光局発表資料)

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。