ホーム > 社会・生活, 経済, 統計・調査 > エアアジアX、5月末でKL−クライストチャーチ線を運休

エアアジアX、5月末でKL−クライストチャーチ線を運休

2012年03月13日 20:12 JST配信

【クアラルンプール】 長距離格安航空会社エアアジアXは、5月いっぱいでクアラルンプール(KL)ークライストチャーチ間の運行を休止すると発表した。 30日のKL発、31日のクライストチャーチ発が最後の運航となる。
アズラン・オスマンラニ最高経営責任者(CEO)は同路線の2011年のロードファクター(座席利用率)が80%と好調だったものの、原油価格が30%以上高騰した影響で燃料コストが増加したため運休を決定したと説明した。今後は安定した利益を見込めるルートでのネットワーク強化を図っていくという。
5月31日以降の便の予約に対して、航空券の払戻し、その他のアジアXのルートへの予約の変更、5月31日以前のフライトへの変更を無料で行う。
エアアジアは2月にムンバイ線を休止しており、3月末までにニューデリー、ロンドン、パリ線の運行も休止する。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、3月13日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。