ホーム > 社会・生活, 経済, 観光・イベント > ペナン第2大橋の通行料金、4月1日から8.50リンギに

ペナン第2大橋の通行料金、4月1日から8.50リンギに

2014年04月01日 16:49 JST配信

【ジョージタウン】  マレーシア高速道路公団(MHA)は、3月1日に開通したペナン第2大橋(トゥアンク・アブドル・ハリム・ムアザム・シャー橋)の4月1日からの通行料金を発表。普通自動車が8.50リンギ、二輪車が1.70リンギとなる。

MHAによると、▽クラス0(二輪車)が1.70リンギ▽クラス1(タクシーを除く二軸車、三輪及び四輪車)が8.50リンギ▽クラス2(バスを除く小型トラック等の二軸車と六輪の車両)が30.50リンギ▽クラス3(トレーラーや大型トラック等の3軸以上の車両)が70.10リンギ▽クラス4(タクシー)は8.50リンギ▽クラス5(スクールバスを含む全てのバス)が26.20リンギ--となる。

橋はバトゥ・カワン-バトゥ・マウン間を結んでおり、長さは全長24キロメートルで東南アジア最長の橋となっている。第1大橋よりも10.5キロメートル長い。自動車で速さ80キロメートルで走行した場合の所要時間は30分となる。3月2日より一般通行が可能となり、開通後1カ月間の通行料金は無料となっていた。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、3月31日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。