ホーム > 社会・生活, 統計・調査 > 都市競争力ランキング、クアラルンプールは45位に=EIU調査

都市競争力ランキング、クアラルンプールは45位に=EIU調査

2012年03月15日 15:40 JST配信

【クアラルンプール】 英国の調査機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が発表した「2012年度版世界都市競争力ランキング」で、クアラルンプール(KL)は世界120都市中で45位にランクされた。
同調査は▽経済力▽物的資本▽金融成熟度▽制度の有効性▽社会・文化的特性▽人的資源▽環境・自然災害▽国際的訴求力——などの31項目で都市の競争力を総合得点(100点満点)で評価した。
KLは国際的訴求力の項目で35位と評価が高く、経済力は44位タイ、金融成熟度は10位タイ、人的資源は46位だった。総合得点は55.0点だった。アジア太平洋地域では11位で、東南アジア諸国連合(ASEAN)ではシンガポールに次いで2位となった。
総合トップはニューヨークで、2位はロンドン、3位はシンガポール、4位はパリと香港が並んだ。2本は東京の6位が最高位で、大阪は47位タイ、名古屋は50位、福岡は63位だった。その他のアジアの都市では、ソウルが20位、台北が37位、北京が39位、上海が43位、バンコクが61位、などとなった。

中国報、3月14日

関連カテゴリ: 社会・生活, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。