ホーム > 社会・生活, 経済, 日本関係 > ホンダ(M)、今年はハイブリッド車1万台の販売を目標

ホンダ(M)、今年はハイブリッド車1万台の販売を目標

2012年03月17日 10:32 JST配信

【クアラルンプール】 ホンダ・マレーシアは今年、1万台のハイブリッド車の販売台数を目標に掲げている。
同社は15日、フルモデルチェンジしたハイブリッド車「ジャズ」を発表した。税込み価格は9万8,400リンギ。年内に3,000台の売り上げを目指す。ボディーカラーは5色で、5年間もしくは14万キロメートルの保証が付く。
主力の「インサイト」は昨年4,568台を販売し、国内トップシェア(54%)となった。今年2月にはマイナーチェンジ・モデルを発表した。また2011年11月に発売した「CRーZ」はこれまでに約1,000台の注文を受けている。 マレーシアにおける昨年のハイブリッド車の総販売台数は8,400台だった。
上野洋一郎 最高経営責任者(CEO)は今後も新たなハイブリッド・モデルを投入し、ハイブリッド車市場を引っ張っていきたいとコメントした。
ホンダは2007年にマレーシアで初めてハイブリッド車を発売した。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・サン、3月16日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。