ホーム > 社会・生活, 日本関係, 観光・イベント > コタキナバル国際空港、5月から24時間営業を再開

コタキナバル国際空港、5月から24時間営業を再開

2012年03月20日 12:28 JST配信

【コタキナバル】 2006年から拡張工事のために夜間6時間閉鎖していたコタキナバル国際空港(KKIA)が、5月1日から24時間営業を再開する。 コン・チョーハ運輸相が明らかにした。
拡張工事は14億リンギをかけ、6年前から行っていたもの。滑走路の2,988メートルから3,780メートルへの延長のほか、新たなメインターミナル、格安航空用のターミナル、管制塔の建設が行われている。 滑走路の延長工事は4月の末に終了する見通し。
滑走路の延長工事のため深夜12時から朝の6時まで空港を閉鎖をしており、海外からのチャーター機の到着時間と空港の営業時間が合わずチャーター便に支障が出ていた。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、3月18日

関連カテゴリ: 社会・生活, 日本関係, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。