ホーム > 社会・生活, 文化・芸能, 統計・調査 > 日本への好感度ランク、マレーシアは2位 訪日意向は3位タイ=電通調査

日本への好感度ランク、マレーシアは2位 訪日意向は3位タイ=電通調査

2014年06月04日 06:38 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 電通は2日、海外に展開する顧客企業のマーケティング支援を目的とした「ジャパンブランド調査2014」を発表。日本への好意度ランキングでは、マレーシアが18カ国中2位となったことがわかった。

調査は4月にマレーシア、中国、香港、韓国、米国、英国、など18カ国・地域で日本への好意度、日本への物事への関心度などについて行われた。好意度ランキングの1位はベトナム、3位はタイとなり、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国が上位を占めた。

訪日意向ランキングでは、マレーシアは3位タイとなり、インドネシアとフィリピンと並んだ。トップはシンガポールで、2位はタイだった。

訪日経験ランキングでは、マレーシアはインドと並び10位となった。1位は香港、2位が韓国、3位が台湾だった。

「優れている」と思う日本の物事では、マレーシア人回答者は、日本の精密技術をトップに挙げた。それに日本の自動車・バイク、日本のロボット工学が続いた。18カ国のランキングでは、日本のAV家電やアニメ・漫画が上位を占めたが、マレーシアを含むASEANでは、日本の技術がトップを占めた。

関連カテゴリ: 社会・生活, 文化・芸能, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。