ホーム > 社会・生活, 観光・イベント > ジョホールバルのヒンドゥー寺院「ガラスの寺」が人気

ジョホールバルのヒンドゥー寺院「ガラスの寺」が人気

2014年06月06日 16:36 JST配信

【ヌサジャヤ】 ジョホールバル(JB)のテブラウにあるガラス装飾品をちりばめた「ガラスの寺」とよばれるヒンドゥー寺院が、国内外の観光客を集める人気スポットになっている。

「アルルミグ・スリ・ラジャカリアマン・グラス・テンプル」はヴィシュヌ神を祀った寺院で、2008年の改装時にガラスの装飾をふんだんに使用。2009年10月に新装オープンしていた。

2012年には外国人訪問者は3,115人だったが、2013年には3,580人に増加。国内の観光客を含めると、2012年は1万人、2013年は1万5,000人に増加した。今年はすでに9,000人が訪れたという。

外国人観光客は主に、日本人、中国人、香港人だという。

(ザ・スター、6月5日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。