ホーム > 政治・外交, 文化・芸能, 統計・調査 > ハッド刑導入論争、国民の58%が準備まだと回答=調査

ハッド刑導入論争、国民の58%が準備まだと回答=調査

2014年07月18日 13:32 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 世論調査機関のムルデカ・センターが実施したイスラム刑法のハッド刑(固定刑)に関する調査で、58%のマレーシア人が「マレーシアはハッド刑を導入する準備ができていない」と回答したことがわかった。

民族別では、華人型が61%で最も高かった。インド系は59%、マレー系は58%だった。一方で「準備ができている」との回答はマレー系で30%で、マレーシア人全体では25%となった。

「ハッド刑を支持する」との回答は全体で53%に上った。民族別ではマレー系が71%で最も高く、華人系とインド系はそれぞれ26%だった。「反対する」との回答はマレー系で20%に上り、インド系が69%、華人系が65%となった。

「ハッド刑について知識がある」と回答したのは全体で56%となった。民族別ではマレー系が67%で最も高く、それにインド系(51%)、華人系(38%)が続いた。

調査は、4月12-21日にかけて1,009人に対してインタビュー形式で行われた。回答者の民族の比率はマレー系が60%、華人系が31%、インド系が9%となっている。

関連カテゴリ: 政治・外交, 文化・芸能, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。