ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能 > イスラム教聖職者のヒンドゥー教侮辱発言、NGOが抗議

イスラム教聖職者のヒンドゥー教侮辱発言、NGOが抗議

2014年08月01日 16:44 JST配信

【クアラルンプール】 イスラム教の聖職者が2月に行ったスピーチにおいて、ヒンドゥー教を侮辱する発言を行ったビデオがソーシャルメディアやブログなどで広まり、与党連合・国民戦線(BN)構成党、マレーシア・インド人会議(MIC)の青年部や非政府組織(NGO)などが7月30日、クアラルンプールのブリックフィールズにおいて抗議活動を行った。またペナンでは、MICペナン支部の婦人部や青年部、人民進歩党(PPP)、インド系NGOが警察に捜査をするように訴えた。

問題のビデオは、ウスタズ・シャール・ハミド師がヒンドゥー教や神のガネーシャを侮辱する発言や、アラガッパブランドのカレー粉をボイコットするように呼びかけているもので、7月28日にソーシャルメディアなどに掲載されインド系マレーシア人の間で炎上した。すでにビデオは削除されている。

ウスタズ師は謝罪を表明。スピーチはハラル(イスラムの戒律に則った)とハラム(イスラム教の禁忌)に関するもので、インド系マレーシア人を侮辱する意図はなかったと述べた。ビデオは、ウスタズ師の許可を得ず公開されており、悪意のある者により公開されたものだと弁明した。

(フリー・マレーシア・トゥデー、マレーシアン・インサイダー、7月30日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。