ホーム > 日本関係, 統計・調査, 観光・イベント > 年初8カ月の訪日者数、前年比で54%増加

年初8カ月の訪日者数、前年比で54%増加

2014年09月22日 12:26 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本政府観光局(JNTO)が発表した年初8カ月の訪日者数統計によると、マレーシアからの訪日者数は前年比54.0%プラスの14万2,300人となった。8月単月では、前年同期比9.6%減少の9,900人だった。

JNTOによると、旅行需要の高まるラマダン(断食月)明け休暇が、昨年の8月初旬から、今年は7月に移行したため前年同期比でマイナスとなったが、7-8月期合計は前年同期比25.0%と好調だった。航空会社が8月以降の搭乗分を対象としたプロモーション料金での航空券が販売され、オフシーズンの訪日旅行の需要が喚起された。

JNTOは、9月にクアラルンプールでマレーシア旅行代理店協会(MATTA)により開催された「MATTAフェア」に参加し秋の旅行需要の取り込みを図った。今後のマレーシアにおけるプロモーションとして、現地のムスリム系人気タレントを起用したテレビ番組を作成し、日本の観光魅力や日本国内のムスリム対応を紹介する。

関連カテゴリ: 日本関係, 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。