ホーム > 経済, 日本関係 > 日本からの合板の注文、4月以降に増加の見通し

日本からの合板の注文、4月以降に増加の見通し

2012年03月28日 09:24 JST配信

【クチン】 サラワク木材協会(STA)合板担当者のウォン・カイソン氏は日本からの合板の注文について、暖かくなる4月から増加するとの見通しを示した。
東日本大震災の復興需要を当て込み、日本の輸入業者は昨年4月から6月にかけサラワク州に合板を大量に注文した。しかし未消化在庫が増加したため、その後9月まで注文が激減した。最近は在庫調整が進んでいるという。
昨年の日本によるサラワク産合板輸入は前年比5%増の131万立方メートル(23億7,000万リンギ相当)で、サラワク州の合板輸出量(227万立方メートル)の58%を占めた。
大震災前の合板価格は立方メートル当たり400米ドルだったが、日本からの注文が殺到した時は600米ドルまで上昇した。
現在は460ー500米ドルで、ウォン氏はこの先、500ー550米ドルの価格を予想している。

ザ・スター、3月27日

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。