ホーム > 経済, 観光・イベント > シャアラムの「i- シティ」にヒルトンホテルを建設へ

シャアラムの「i- シティ」にヒルトンホテルを建設へ

2014年12月11日 06:49 JST配信

【シャアラム】 不動産開発業者のI-Berhad(I-Bhd)がセランゴール州シャアラムで開発を進めている「i- シティ」内に、4つ星ホテル「ヒルトン・ホテル」が建設される予定だ。2018年までに完成する予定で、総開発価値(GDV)は2億リンギ。

I-Bhdのユー・ホン副会長によると、「ヒルトン・ホテル」建設プロジェクトはI-Bhd完全子会社のI-R&Dとヒルトン・ワールドワイドの合弁事業で、10億リンギを投資して開発される「i- シティ」内で初の4つ星ホテルとなる。部屋数は300室で、ヒルトン・ワールドワイドが運営する。ビジネス客やテーマパークを訪れる観光客をターゲットとする。

「i- シティ」の「ベスト・ウェスタン・ホテル」は来年までに70-80%の利用率を達成できると見込んでいる。

I-Bhdは8億リンギの資金を調達しており、向こう5年の開発プロジェクトへの投資を予定している。テーマパークには7,000万リンギを投資しており、向こう数年間で3,000万リンギを新たに投資する計画だ。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、12月10日、ベルナマ通信、12月9日)

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。