ホーム > 社会・生活, 経済 > ジョホール州養鶏農家が人手不足に直面、外国人雇用できず

ジョホール州養鶏農家が人手不足に直面、外国人雇用できず

2012年04月13日 18:22 JST配信

【ジョホールバル】 ジョホール州中小畜産業組合は、外国人労働者の雇用手続きに長時間かかっており組合員が人手不足に直面していると訴えている。中には外国人雇用申請を出してから半年もかかっている養鶏農家も出ているという。
全体的に外国人労働者のニーズが高まっているために、他のセクターからの畜産業外国人労働者の引き抜きが相次いでいることも人手不足に拍車をかけている。特に養鶏場では、マレーシア国民が働きたがらないため多くを外国人労働者に頼っており、外国人労働者の不足が経営にも影響を及ぼしている。

南洋商報、4月11日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。