ホーム > 社会・生活, 日本関係 > 東京海上グループに損保MCIの売却を提案

東京海上グループに損保MCIの売却を提案

2012年04月15日 19:25 JST配信

【ペタリンジャヤ】 マラヤン・ユナイテッド・インダストリーズ(MUI)は、損害保険業者、MUIコンチネンタル・インシュアランス(MCI)をトウキョウ・マリン・インシュアランス(マレーシア)に1億8,023万リンギで売却することを計画しており、中央銀行バンク・ネガラに許可を申請した。
MUIは全額出資子会社のノビマックス(M)を通じMCI発行済み株式の52.21%を保有している。トウキョウ・マリンは譲渡を受ける資産と同額の債務を肩代わりする。
MUIは昨年、MCIを米系リバティー・インターナショナル・ホーディングスに売却する交渉を持ったが、条件面で折り合わず断念した。保険会社は資産価値の評価が難しく、これまでに多数の売却案が不成立に終わっている。
MCIは1976年、MUIと米CNAフィナンシャルの合弁会社として設立された。支店数は13カ所。

ザ・スター、4月13日

関連カテゴリ: 社会・生活, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。