ホーム > 社会・生活, 経済, ロングステイ > プロリンタス、来年高速道路2線の建設を開始 総工費は190億リンギの見込み

プロリンタス、来年高速道路2線の建設を開始 総工費は190億リンギの見込み

2012年04月17日 06:00 JST配信

【クアラルンプール】 ガスリー・コリドー高速道路(GCE)を運営するプロジェク・リンタサン・コタ・ホールディングス(プロリンタス)は、2013年第2四半期にダマンサラーシャアラム高速道路(DASH)とスンガイベシーウル・クラン高速道路(SUKE)の建設を開始する。
高速道路2路線は第10次マレーシア計画(10MP、対象期間2011ー15年)の7つの高速道路プロジェクトのうちの2つ。総工費は190億リンギ上ると見られている。5年内の完工を見込んでいる。プロリンタスが建設、運営などを行う。
DASHは片道3車線で、プンチャク・ペルダナ、アラム・スリア、スバン空港、コタ・ダマンサラ、ダマンサラ・ペルダナ、ムティアラ・ダマンサラ、ペンチャラ・インターチェンジを結ぶ全長20.1キロメートル。
SUKEは同じく片道3車線で、スリ・ペタリン、スンガイ・ベシ、チェラスーカジャン線、タマン・プトラ、ウル・クランを結ぶ31.8キロメートル。
現在プロリンタスはアンパンークアラルンプール高速道路、ガスリー・コリドー高速道路などを運営・管理している。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、4月16日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。