ホーム > 社会・生活, 経済 > レアアース施設、全国11カ所でNGOなどが一斉抗議集会

レアアース施設、全国11カ所でNGOなどが一斉抗議集会

2012年04月17日 15:03 JST配信

【シャアラム】 豪ライナス・コープがパハン州クアンタンで実施中のレアアース(希土類)精製施設建設プロジェクトを巡り、廃棄物から出る放射性物質による環境汚染を懸念する非政府組織(NGO)や環境団体など32の団体が13日、全国11カ所で一斉に抗議集会を開催した。
金曜のイスラム集団礼拝後に行われた抗議集会「ストップ・ライナス」への参加者は、全国で2千人ほどに達した。華字紙「南洋商報」によると、開催地と参加者はそれぞれ▽クアンアン(600人)▽スンガイ・プタニ(500人)▽クアラトレンガヌ(300人)▽シャアラム(200人)▽マラッカ(同)▽バトゥ・パハ(150人)▽ブキ・メルタジャム(同)——などとなっている。
ライナスの世界最大規模のレアアース精錬工場は、第1期工事が97%完成しており、営業ライセンスの交付を待つばかりとなっている。 住民らの根強い反対の声を受けて下院議会は3月20日、精製工場の安全性を調べるための特別委員会(PSC)の設置を決めた。原子力発電認可局(AELB)は、暫定営業ライセンスの交付を科学技術革新省が行う4月17日の公聴会まで保留することを決めている。

南洋商報、中国報、ザ・スター、4月14日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。