ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > 結婚披露宴でご祝儀ドロボー出現、被害額7万リンギ超

結婚披露宴でご祝儀ドロボー出現、被害額7万リンギ超

2015年02月27日 16:57 JST配信

【ジョホールバル】 バレンタイン・デーの日の夜にジョホールバルで行なわれた結婚式の披露宴で、ご祝儀泥棒が出現した。参列者から贈られた7万—10万リンギの現金が外国人とみられるグループに盗まれてしまったという。

披露宴は「ステラ・モール」内の中華レストランで550人を招いて盛大に行なわれた。新郎のリム・チアチェンさん(29)によると、宴会場の外で3人の外国人がうろついているのが目撃されており、彼らの仕業とみられる。盗まれたのは午後6時半から午後7時50分の間と推定される。

招待客が持ってきた紅包(アンパオ)は受け付けテーブルの下に置いた箱に入れるようになっていたが、気がつくと箱が消え失せていたという。受け付けにはリムさんの妹を含めて4人が配置されていたが、うち3人は招待客をテーブルに案内するために席を外して動き回っており、妹だけがずっと受け付けテーブルにいたという。

(ザ・スター、2月21日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。