ホーム > 経済 > パーム油10%添加「B10」、年内に導入へ

パーム油10%添加「B10」、年内に導入へ

2015年03月05日 16:46 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア政府は今年、軽油にパーム油バイオディーゼルを10%添加した「B10」を導入する。

ダグラス・ウガー・エンバス農園産業一次産品相によると、「B10」導入により、国内のパーム油消費量の増加が見込まれており、消費量が120万トン増加することが予想されている。多種の産業向けや発電などでの利用も検討している。

マレーシア政府は2011年からバイオ燃料プログラムを実施、パーム油バイオディーゼルを5%を混合した「B5」を発表した。昨年11月には、マレーシア半島で7%添加した「B7」を導入、12月にはサバ州およびサラワク州で導入された。

マレーシア・パーム油委員会(MPOB)の発表によると、2015年1月のパーム原油(CPO)生産量は116万687トンで、前月比14.96%の減少となった。CPO在庫量は半島部、サラワク州、サバ州でそれぞれ10.54%、14.76%、2.53%それぞれ減少し、全体で11.49%の減少となった。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。