ホーム > 社会・生活, 経済, 統計・調査 > マレーシアの超富裕層の数、今後10年で42%増加へ

マレーシアの超富裕層の数、今後10年で42%増加へ

2015年03月14日 12:22 JST配信

【クアラルンプール】 ナイト・フランクは消費に関する調査「ザ・ウェルス・リポート2015」を発表。マレーシアでは向こう10年間で超富裕層(UHNWI)の数が42%増加するとの予想を明らかにした。マレーシアでは経済成長が見込まれていることからUHNWIの数も増えるという。

マレーシアのUHNWIの数は現在572人で、億万長者の数は14人、准・億万長者は211人だという。今後こうした富裕層の数は42-43%増加すると見られている。UHNWIは本宅以外の保有資産額が3,000万米ドル以上の個人となっている。

個人銀行家や投資アドバイザーなどを対象とした調査によると、マレーシアのUHNWIの36%が今年住宅不動産の購入を検討しているという。UHNWIの多くが子息の教育のため、あるいは政治的な安定、より健康的な生活などを目的として海外の不動産を購入しているという。調査によるとマレーシア人富裕層の多くが海外の大学に子息を留学させており、香港や中国、インド、シンガポール、インドネシア、豪州の富豪と比較しても子供を海外留学させる傾向が高いという。

富裕層の多くはクラシックカーや芸術、ワインやコインなどの高級品の購入をしていることも明らかになった。

(ザ・スター、3月13日、マレーメイル・オンライン、3月12日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。