ホーム > 社会・生活 > グーグルマレーシア、14日に接続障害が発生

グーグルマレーシア、14日に接続障害が発生

2015年04月16日 13:47 JST配信

【クアラルンプール】 検索エンジンのグーグルは、マレーシアのウェブサイト「グーグル・マレーシア」に14日、接続障害が発生したと明らかにした。

グーグルのスポークスマンは、接続しにくい状態や、接続しようとすると「グーグル・マレーシアはTiGER-M@TEによりハッキングされた♯バングラデッシュのハッカー」と表示されるサイトに飛ばれされたと明らかにした。すでにドメイン名を管理する組織に連絡を取ったとし、早期の解決を望むと述べた。

グーグル・マレーシアの公式アカウントのツイートによると、障害はドメイン・ネーム・システム(DNS)が混乱を来したことが原因で起きた。同様の接続障害は2月にベトナムのグーグルサイトでも起きたという。 

マレーシアにおいてはマレーシア航空(MAS)のウエブサイト(www.malaysiaairlines.com)が1月26日、「イスラム国」(IS)と関係あるとされるハッカー集団、「サイバー・カリフ国」にハッキングされ、フロントページが書き換えられた。

ウォールストリート・ジャーナル、ロイター、ラクヤット・ポスト、4月14日)

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。