ホーム > 社会・生活 > 家庭ごみ分別制度、9月から実施へ KLや6州で、違反は最高1千リンギの罰金

家庭ごみ分別制度、9月から実施へ KLや6州で、違反は最高1千リンギの罰金

2015年04月20日 20:55 JST配信

【クアラルンプール】 クアラルンプール(KL)とプトラジャヤ、半島部の6州において今年9月より家庭ごみの分別制度が導入される。家庭ごみ分離制度の実施業者であるソリッド・ウェイスト・ソリッド・クリーニング・マネージメント・コープ(SWコープ)が明らかにした。

アブドル・ラヒム・マハマド最高経営責任者(CEO)によると、制度が導入されるのは、ジョホール、マラッカ、ネグリ・センビラン、パハン、ペルリス、ケダ6州及びクアラルンプール、プトラジャヤとなる。分別を行わなかった家庭には、最高で1,000リンギの罰金が課せられることになる。

アブドル・ラーマン都市福祉住宅地方自治相は昨年、今年9月より段階的に、家庭ごみの分別制度を導入すると明らかにしていた。

現在マレーシアにおける固体廃棄物排出量は、1日当たり3万3,000トンとなっている。そのうちリサイクルされているのはわずか10.5%に留まっている。

SWコープは19日、「3R(減少、再使用、リサイクル)」のイベントをプトラジャヤとジョホール州で実施し、ごみ分別に関する周知活動を行った。約5,000人が参加した。

(ザ・スター、4月20日、マレーシアン・インサイダー、4月19日)

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。