ホーム > 社会・生活, 日本関係, 統計・調査 > マレーシア人の89%、日本が最も好き=調査

マレーシア人の89%、日本が最も好き=調査

2015年04月21日 16:07 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本のマーケティング・リサーチ企業であるクロス・マーケティングは15日、東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査を発表。マレーシア人の89.0%が最も好きな国として日本と回答したことがわかった。2位は韓国、3位は米国だった。

調査は、2月13日から3月9日にかけて日本、マレーシア、ベトナム、フィリピン、タイ、インドネシア6カ国で実施された。マレーシア人の日本に対するイメージで最も強かったのは、「技術力がある」で回答率は75.0%に上った。それに「革新的な」、「高品質な」、「洗練された」「信頼・安心感がある」が続いた。

消費財に関しては、マレーシア人の46.3%が日本製の自動車を好む回答した。また液晶テレビや洗濯機についても日本製の製品がトップだった。一方でパソコンに関しては、トップが米国で日本が2位となった。その傾向はマレーシアを含む全ての東南アジア諸国において見られた。

食品については、マレーシア人の51.3%が自国の食品を好むと回答、2位は日本となった。菓子でも日本は2位となった。清涼飲料水では、マレーシアが1位、米国が2位、日本が3位だった。

関連カテゴリ: 社会・生活, 日本関係, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。