ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 統計・調査 > マレーシア人の睡眠時間、平均6時間27分

マレーシア人の睡眠時間、平均6時間27分

2015年04月22日 13:18 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 快眠アプリメーカー「スリープ・サイクル」が行った睡眠に関する調査で、マレーシア人の平均睡眠時間は6時間27分で、睡眠の質では世界50位と最低レベルだった。同アプリは睡眠の状態をモニターして眠りが浅い時間を狙って心地よく起きられるアプリ。

同調査は「スリープ・サイクル」ユーザーである、世界の18—55歳の男女94万1,329人の睡眠状況を調査したもの。マレーシア人の平均就寝時間は零時35分で、平均起床時間は午前7時41分だった。金曜日の睡眠時間が長めの傾向で、平均より8分長かった。

日本人は平均就寝時間が零時49分で、平均起床時間は午前7時9分。睡眠の質では世界35位だった。睡眠の質の世界トップはスロバキアで、2位が中国だった。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。