ホーム > 社会・生活 > 社会発展指標、マレーシアは133カ国中46位

社会発展指標、マレーシアは133カ国中46位

2015年05月02日 10:45 JST配信

【クアラルンプール】 米国のシンクタンク、ソーシャル・プログレス・インペラティブが4月に発表した2015年度の社会発展指標で、マレーシアにおける政治的権利や市民の自由は内戦が起きているシエラレオネやコンゴなどのアフリカ諸国よりも制限されているとの評価を下した。マレーシアの社会発展度は133カ国中で46位。全体の1位はノルウェーで2位はスウェーデン、3 位はスイスだった。日本は 15位となった。

社会発展指標では、マレーシアにおける言論の自由や集会及び結社の自由、移動の自由及び孤児院の不動産に関する権利から成る個人の権利のスコアが100のうち33.31ポイントとなり、評価の対象となった103位となった。フィリピンやシンガポール、インドネシア、タイなどの近隣諸国やチャド、モザンビーク、ルワンダなどのアフリカ諸国よりも低い評価となった。

マレーシアはまた、同性愛者や移民、差別、マイノリティに対する暴力、宗教などの面での寛容やコミュニティーのセーフティネットという分野でも110位となり、スコアは39.02ととても低くなった。

指標では国家の社会発展度を▽基本的な人間のニーズ(治安、栄養及び基本的な衣料、水、住宅へのアクセス)▽幸福の基盤(基礎教育、情報、環境保護)▽機会(個人の権利、自由、社会における偏見、高等教育へのアクセス)――の 3分野に分けて評価を行った。

マレーシアは「基本的な人間のニーズ」では86.13ポイント、「幸福の基盤」では74.87ポイント、「機会」は47.66ポイントを獲得した。多民族国家であるマレーシアでは個人の権利や寛容さが低い評価を受けた。一方で水や衛生分野では97.06ポイントとなり基本インフラの充実を示した。宗教の分野ではイスラム教徒の住民がキリスト教徒が集う教会での宗教的なシンボルの掲揚に反対するなど、セランゴール州などで寛容さに欠ける事態が相次いで起きている。

(マレーメイル・オンライン、4月28日、ソーシャル・プログレス・インペラティブ発表資料)

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。