ホーム > 社会・生活, 経済, 観光・イベント > アジア初のレゴランド、9月15日にオープンへ

アジア初のレゴランド、9月15日にオープンへ

2012年04月27日 12:04 JST配信

【ヌサジャヤ】 アジア初となるデンマークのブロック玩具のテーマパーク「レゴランド」が9月15日に、ジョホール州南部開発地域「イスカンダル・マレーシア」内のヌサジャヤでオープンする。
レゴランドの工事は75%完了しており、予定よりも数カ月早いオープンとなる。レゴランド・マレーシアは、初年度の来場者が100万人に達すると見込んでいる。
レゴランドの敷地面積は76エーカー、総工費は7億リンギ。2ー12歳の子供連れの家族をターゲットにしている。「レゴ・キングダム」「イマジネーション」「ランド・オブ・アドベンチャー」「レゴ・テクニック」「ザ・ビギニング」「レゴ・シティ」「ミニランド」の7つのテーマエリアに分かれ、40種類以上の乗り物やショー、アトラクションが設置される。
1月より前売り発売されていた年間パスは、4月16日までに3万5,000枚を売り上げた。購入者のうち60%をマレーシア人が占めた。
同社は間もなく、レゴランド・マレーシア、エアアジア・レッドティックスのウェブサイトで1日券の販売を開始する。期間限定価格で大人が96リンギ、子供が70リンギとなっている。通常価格は大人が140リンギ、子供が110リンギ。
一方、レゴランドホテルの建設計画も進められており、2014年の完成を予定している。

ザ・サン、ザ・スター、4月26日、ベルナマ通信、4月25日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。