ホーム > 社会・生活, 経済, 日本関係 > 東愛産業、KLに高級日本料理「笹川」をオープン

東愛産業、KLに高級日本料理「笹川」をオープン

2015年06月05日 16:42 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 東愛産業(本社・京都)は3日、クアラルンプールに高級日本料理店「笹川」を同日にオープンしたと発表した。

「笹川」がオープンしたのは、クアラルンプールのシェラトン・インペリア・ホテル内。四季折々の旬を本物の職人がおもてなしする純日本料理をコンセプトとしている。マレーシアの現地法人である東愛マレーシアが運営する。

東愛産業のグループ会社である湯快リゾートの「あわら温泉星雲閣」で料理長を務めた笹川仁史氏が料理長として就任する。笹川氏は、料理の鉄人である大田忠道氏のもとで技術を磨いた。厳選された食材のみを使った最高級日本料理を提供する。

メニューは3種類のコース(280-460リンギ)に加え、刺身、寿司、鍋などの一品料理(12-300リンギ)など90種類以上となっている。ランチタイムには、料理長のこだわり弁当(120リンギ)や天婦羅弁当(90リンギ)など4種類を提供する。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。