ホーム > 社会・生活 > 首都圏で15日から断水、浄水システムのアップグレードで

首都圏で15日から断水、浄水システムのアップグレードで

2015年06月15日 13:39 JST配信

【クアラルンプール】上水事業のシャリカ・ベカラン・アイル・セランゴール(Syabas)は、上水供給システムのアップグレードを実施すると発表。クアラルンプールやセランゴール州など首都圏において6月15日から7月1日にかけて断水を行うと明らかにした。

断水は3期に分けて、午後9時から午前3時の間に行われる。6月16日からは第1期として、▽ピンギラン・タマン・トゥン・ドクター・イスマイル(TTDI)▽カンポン・スンガイ・ペンチャラ▽ブキ・ラジャン▽カンポン・パリムバヤン▽ジャラン・ラヒム・カジャイなどのエリアで実施される。

第2期の対象は、ペタリンジャヤの▽ジャラン51/227▽ジャラン51/227Aからジャラン51/227C▽ジャラン14/47からジャラン14/462▽ジャラン14/64▽ジャラン22/34などの地域。23日から断水が行われる。

第3期の対象は、ペタリンジャヤの▽SS2/2からSS2/8▽SS2/8A▽SS2/9からSS2/15まで▽SS2/15A▽SS2/16からSS2/21まで▽SS2/22A--などの地域で、6月30日から断水が実施される。

詳細はSyabasのアプリ「mySYABAS」やウェブサイト (www.syabas.com.my )、カスタマー・サービス・センター(1-800-88-5252)に問い合わせることが出来る。 

(ベルナマ通信、6月11日)

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。