ホーム > 社会・生活 > エルニーニョで高温乾燥気候、8月末まで続く見込み

エルニーニョで高温乾燥気候、8月末まで続く見込み

2015年06月30日 17:09 JST配信

【ペタリンジャヤ】 気象局は、エルニーニョ現象の影響で高温乾燥した気候が8月末まで続くとの予想を発表した。マレーシア各地で、33-35度の気温が観測されている。

気象局のマレーシア気象センターのヒシャム・アニップ氏は、気温の高く乾燥した天候は、この時期には珍しいことではないと指摘。5月にはマレーシア各地で平均よりも高い気温を観測しており、通常より長期にわたっているが、2、3月に観測したような37-38度まで上がることはないとの見解を示した。この時期に雨量が少ないのも異常ではないと明らかにした。

一方で、乾燥した天気が続く場合は、ヘイズ(煙害)が起きる可能性があると予想した。シンガポールの気象局によると、スマトラ中央部やボルネオ島西部、ベトナムではホットスポット(火元)が確認されている。

(ザ・スター、6月29日)

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。