ホーム > 社会・生活, 経済 > レギュラーガソリン及びハイオク、1日付けで値上げ

レギュラーガソリン及びハイオク、1日付けで値上げ

2015年07月02日 13:31 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国内取引共同組合消費者行政省は、7月1日付けでレギュラーガソリン「RON95」の価格を10セン、ハイオクガソリン「RON97」を20セン引き上げた。 

原油国際価格が上昇していることを受けたもので、「RON95」が2.05リンギから2.15リンギに、

「RON97」が2.35リンギから2.55リンギとなった。ディーゼル油は2.05リンギで据え置かれた。 

政府は昨年12月、燃料補助金制度を廃止して過去1カ月の原油の平均価格から算出するフロート制に切り替え、「RON97」と「RON95」をそれぞれ9セン、4セン引き下げ、生産コストが割高なディーゼル油を3セン引き上げていた。翌1、2月は原油の国際価格下落を受け、「RON97」「RON95」ディーゼル油をそれぞれ引き下げていたが、3月には原油価格の上昇を受け、価格フロート制が導入されてから初めて25セン引き上げていた。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。