ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > ローヤット暴動、政府が早期収束に躍起 ブロガーや煽動者など20人を逮捕

ローヤット暴動、政府が早期収束に躍起 ブロガーや煽動者など20人を逮捕

2015年07月19日 09:49 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 クアラルンプールの家電ショッピングモールの「ローヤット・プラザ」で起きた暴動を受け、民族対立に発展することを恐れる政府は騒ぎの早期収束に向けて躍起となっている。

政府系の各メディアでは、暴行被害を受けた華人ジャーナリストらが「マレー人に助けられた」とマレー人を弁護している記事、民族融和を強調する記事、早々に民族問題が原因でないことを宣言した警察を称賛する記事、「ローヤット・プラザ」が平常業務に戻ったとの記事などで多くの紙面が割かれた。

一方、事件の早期収束を図る政府は、民族間対立を煽るデマを飛ばす者を厳重に処罰すると警告。警察は異例のスピードで、暴力行為を行なった者、煽動した者、噂を流したブロガー、事件のきっかけになった窃盗犯の男の仲間などを逮捕した。一連の騒動で逮捕者は20人に上っている。なお窃盗容疑のシャルル・アヌアル・アブドル・アジズ(22)は、犯行を否認しているという。

同窃盗事件がきっかけとなり、暴動に発展した。窃盗の疑いで捕まった男の仲間が、店舗の商品や設備を破壊し、店員を殴るなどした光景を撮影した動画が、民族問題に起因するものと曲解され広まった。こうしたことが引き鉄となり、マレー系の非政府組織(NGO)の代表者を含む100人以上が12日「ローヤット・プラザ」に集結。抗議者が暴徒化し、車を破壊するなど取材をしていたジャーナリストを殴るなどした。破壊された車のオーナーは「差別的なことを言った覚えはない」とした上で、たまたま現場に居合わせたところ華人だというだけでターゲットになったと主張している。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。