ホーム > 経済, 統計・調査 > 住宅の値頃感、最も購入しやすいのはマラッカ 年収の3.0倍=カザナ調査

住宅の値頃感、最も購入しやすいのはマラッカ 年収の3.0倍=カザナ調査

2015年08月26日 06:36 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 カザナ・リサーチ・インスティチュートは24日、住宅事情・値頃感に関する報告書「メイキング・ハウス・アフォーダブル」を発表。州別ではマラッカ州が最も購入しやすいことがわかった。一方でトレンガヌ州、クアラルンプール(KL)、ペナン州はもっとも住宅が購入しにくかった。

住宅購買力は世帯収入と不動産価格の比率により算出された。不動産価格が年収の5.1倍以上が「非常に入手困難」とランク付けされ、トップがトレンガヌ州で5.5倍となった。それにKLが5.4倍、ペナン州が5.2倍、サバ州が5.1倍で続いた。

また4.1倍以上となった、パハン州(4.9倍)、クランタン州(4.8倍)、ペラ州(4.3倍)、ペルリス州(4.3倍)、ジョホール州(4.2倍)が、「 かなり入手困難」とランク付けされた。

3.1倍以上の「やや入手困難」は、セランゴール州(4.0倍)、ネグリ・センビラン州(3.8倍)、サラワク州(3.6倍)、ケダ州(3.4倍)。唯一マラッカ州のみが3.0倍で、「入手可能」とされた。

マレーシア全国の平均の年間所得の平均値は、5万5,020リンギ。住宅の市場価格の平均は24万2,000リンギで、比率は4.4倍となり、マレーシアは「非常に入手不可能」となった。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。