ホーム > 経済 > 最高更新の株価指数、さらに上昇の可能性  銀行株が人気=アナリストら

最高更新の株価指数、さらに上昇の可能性  銀行株が人気=アナリストら

2012年04月10日 06:02 JST配信

【クアラルンプール】 株価は過去半年間、上昇傾向をたどり、株価指数のFBM・KLCIは過去最高を更新したが、強気相場はまだ続くとアナリストは見ている。
ブルサ・マレーシアの先週の動きでは、2、3日は強気相場で、4、5日は利食い売りがあった。しかし6日には銀行株が牽引して2日分の下落を取り戻し、FMB・KLCIは前日比0.3%高の1598.87になった。 9日は再び前日比0.47%下落し、1591.28で取り引きを終えた。
OSKリサーチは「大型のインフラ事業が下半期および来年、開始されるため、融資を実行する銀行が利益を得る。投資家は銀行株を持ちたがっている」とした。
最近の市場の勢いを維持するためにはこの先、指数が1,600超であることが重要で、株価上昇の傾向が終息することはないという。
4月第1週に、株価が過去1年間の最高を更新したのは、サラワク・プランテーションズ、タ・アン・ホールディングス、パブリック・バンクなど34社。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、4月7日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。