ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 経済 > リンギ安、シンガポールで働くマレーシア労働者に恩恵

リンギ安、シンガポールで働くマレーシア労働者に恩恵

2015年08月30日 08:22 JST配信

【ジョホールバル=マレーシアBIZナビ】 通貨リンギの対シンガポール(S)ドル為替相場が下落を続けており、シンガポールへ毎日通勤しているジョホール州の労働者が為替差益の恩恵を被っている。

1年前の両通貨の為替レートは1Sドル=約2.5リンギだったが、昨年末にはリンギ安が進んで2.6リンギを突破。今年1月には2.7リンギを突破、6月には2.7リンギ台が定着した。7月には2.8リンギを突破した後は急激にリンギ安が進んで、8月25日にはついに3.0リンギの大台に達した。

シンガポールで働くマレーシア人は40万人ほどいると推定されている。一般労働者の平均賃金は1,400Sドル程度であるため、リンギ換算すると4,200千リンギとなり1年で700リンギも増えたことになる。技能労働者も含めると平均賃金は2,000Sドルで、実に6,000リンギを超える額となる。

ジョホール州観光国内取引委員会のティー・シウキョン氏は、シンガポールからの観光客増加も含め、年間500億リンギが同州経済にもたらされているとの試算を明らかにした。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。