ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > ヘイズが半島西岸で悪化、KLなどで「不健康」レベル

ヘイズが半島西岸で悪化、KLなどで「不健康」レベル

2015年09月04日 16:47 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 首都圏クランバレーなどマレーシア半島西海岸を中心に、ヘイズ(煙害)が悪化している。インドネシア・スマトラ島における森林火災が原因とされるが、同島では8月31日に200カ所だったホットスポットが380カ所に増加している。

環境局(DOE)によると、3日午後2時時点で▽アロースター(ケダ州)▽スンガイ・プタニ(同)▽イポー(ペラ州)▽タイピン(同)▽マンジュン(同)▽カンガー(ペルリス州)▽クラン(セランゴール州)▽シャアラム(同)▽バトゥ・ムダ(クアラルンプール)——で大気汚染指数(API)が101を超えて「不健康」レベルに達した。午前中に100を超えたニライ(ネグリ・センビラン州)、セベラン・ジャヤ(ペナン州)、USM(同)、バンティン(セランゴール州)、ペタリンジャヤ(同)は、午後には100以下となった。シャアラムとバトゥ・ムダは午後3時時点で100まで下がった。

APIは、▽0−50が「良好」▽51−100は「中程度」▽101−200は「不健康」▽201−300は「極めて不健康」▽300以上の数値は「危険」レベル——となっている。

気象サービス局は、9月半ばまでヘイズが続くとの予想を示している。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。