ホーム > 経済, 観光・イベント > テーマパーク2カ所、ジョホール州デサルで建設へ

テーマパーク2カ所、ジョホール州デサルで建設へ

2012年04月14日 13:24 JST配信

【クアラルンプール】 国営投資会社カザナ・ナショナルのレジャー及びツーリズム部門、テームド・アトラクションズ・アンド・リゾーツは、2億6,700万リンギを投じてジョホール州デサルにテーマパーク2カ所を建設する。
全長17キロに渡るウォーターフロント開発「デサル・コースト」の一環。建設するのは「オーシャン・クエスト・マリン・パーク」と「オーシャン・スプラッシュ・ウォーター・パーク」で、2014年半ばのオープンを予定している。
「オーシャン・クエスト」は米国のドルフィン・クエストと合同で開発を行う。自然保護グループと協力しており、絶滅危惧種の保護や、教育的な要素を取り入れた海洋テーマパークになる。
「オーシャン・スプラッシュ」は世界水準のウォーター・パークで、米国フロリダ州の「タイフーン・ラグーン」の様なテーマパークとなる予定だ。
カザナ・ナショナルは2010年に、デサル・コーストのデサル・デベロップメント・コープから、ホテル数軒と、ゴルフコース2カ所を含む1,618ヘクタールの土地を買収していた。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、4月13日

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。