ホーム > 経済, 統計・調査 > マレーシア人の76%、WEB広告を見て商品を何度も購入

マレーシア人の76%、WEB広告を見て商品を何度も購入

2015年10月09日 12:11 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】アジアリサーチ総研は6日、広告に関するリサーチ結果を発表した。「広告をみて実際に何度も購入したことがある」との回答の割合が最も多いメディアは、「ウェブサイト」となり、回答率が76.47%となった。

マレーシアにおいて2番目に回答率が高かったメディアは「テレビ」で68.27%だった。3位は「新聞」で55.88%、4位は「雑誌」で47.06%、5位は「携帯アプリ」で41.75%となった。

同調査は、日本とシンガポール、マレーシアで実施された。マレーシアでは18歳以上の104人が回答した。日本とシンガポールでも「ウェブサイト」が最も回答率の多いメディアとなった。日本が63.5%、シンガポールが53.6%となったが、マレーシアの回答率が3国の中で最も高かった。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。