ホーム > 社会・生活 > ヘイズが悪化で学校閉鎖、航空機運航にも影響

ヘイズが悪化で学校閉鎖、航空機運航にも影響

2015年10月20日 16:13 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ヘイズ(煙害)が再び悪化しており、各地で「不健康」レベルを記録。各地で学校閉鎖や空港閉鎖などの影響が出ている。

19日午後1時の時点で、最も大気汚染指数(API)が高かったのは、ネグリ・センビラン州セレンバンで「不健康」レベルの198となった。

首都圏においてもクアラルンプールのバトゥ・ムダで164、セランゴール州バンティンで164となっている。その他、ジョホール、マラッカ、ペラ、サバ、トレンガヌ4州及び、プトラジャヤでも「不健康」レベルの地域が出ている。 

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。