ホーム > 社会・生活 > ヘイズ、最長で来年3月まで続く=アナリスト

ヘイズ、最長で来年3月まで続く=アナリスト

2015年10月21日 12:15 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国際森林研究センターや専門家らは、悪化状況が続いているヘイズ(煙害)について、最長で来年3月まで続く可能性があるとの見解を示している。

ヘイズの原因はインドネシアの野焼きが原因だが、インドネシアは消火活動に失敗しており、ホットスポット(火元)が増加傾向にある。14日には1,729カ所のホットスポットが確認されている。

インドネシアでは、10月か11月に雨期に入るが、エルニーニョ現象の影響で高温乾燥した気候が12月まで続くと予想されている。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。