ホーム > 日本関係, 統計・調査 > IT競争力、マレーシアは29位、日本は18位=世界経済フォーラム

IT競争力、マレーシアは29位、日本は18位=世界経済フォーラム

2012年04月06日 09:42 JST配信

【クアラルンプール=アジアインフォ】 世界経済フォーラム(WEF)が4日に発表した「世界ITリポート2012」で、マレーシアは「ネットワーク化準備度指数(NRI)」が29位にランクされた。
今回の調査は世界142カ国・地域が対象。法的規制、ビジネス環境、インフラ、個人の利用度などの10項目で指数化して評価した。マレーシアは「政府での利用」が6位と評価が高く、「社会への影響」が15位、「規制環境」と「ビジネス及び革新環境」が24位、「ビジネスでの利用」も27位と高めだった。一方、「インフラ及びデジタル・コンテンツ」が65位とやや評価が低かった。「個人の利用度」は47位で平均的だった。
総合トップはスウェーデンで、2位がシンガポール、3位はフィンランド。日本は18位で、台湾が11位、韓国が12位、香港が13位だった。東南アジア諸国連合(ASEAN)ではブルネイが54位、タイが77位、ベトナムが83位、フィリピンが86位、カンボジアが108位だった。中国は51位。

関連カテゴリ: 日本関係, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。